【入門者向け】誰でもわかる米国株投資

米国株投資をするうえで選択肢から外せないのが指数連動型ETFへの投資(=インデックス投資)です。
米国のインデックス(=時価総額加重平均)には逆らうなが私の持論です。

何もしなくても1本持っているだけで、ほぼ90点以上は取れてしまうのがインデックスの良いところです。
初心者というよりも、むしろ投資歴の長いベテランの方に持って欲しいぐらいです。

あくまで長期保有(15年以上)が前提ですが、ほぼアクティブ派(高配当株やテーマ株)を駆逐してしまうほどの破壊力です。

ちなみにアクティブ派の名誉の為に言うならば、比較的短期での投資や相場下落後のリバウンド狙いでの投資ならアリだと思います。

個別株は、お勧めしませんが、あえて投資するならばインデックスに組み入れられている構成銘柄から投資を始めてください。

逆に、ハイリスク・ハイリターンを狙うなら、インデックス(S&P500)に採用されていない銘柄を狙うのもアリかもしれません。

例えば、テスラとか。
ただし、投資判断は各自の判断にお任せします。

それでは、ETFの紹介です。

1:QQQ

ナスダック100構成銘柄で出来ています。現役最強のETFです。特別に120点あげちゃいます。
ナスダックの強さは、GAFAMに代表されるようなハイテク銘柄で構成されている点です。
しかし、本当の強さは余計なセクター(エネルギー、金融、素材、資本財)が含まれていない点です。

2:VOO(SPY)

アメリカを代表する指数S&P500に連動するETFです。95点です。
大型株で構成されています。セクターのバランスも申し分ないです。
小型株は含まれていません。

3:VTI

アメリカ全体(全米)に投資するならこのETFです。89点です。
大型株+小型株で構成されており、バランスもばっちりです。
小型株も含まれています。※最近、小型株のパフォーマンスが落ちているようです。

4:DIA

アメリカを代表する超優良企業30銘柄で構成されるETFです。88点です。
ダウの犬が有名ですね。日本だとTOPIX Core 30 (1311)が該当します。
あんまり人気がないのはどうしてだろう。

 

私から質問です。これらのインデックスに重複している銘柄がたしか5銘柄あります。
わからなかった人は宿題にしたいと思います。

10倍(テンバーガー)は無理だけど、長期(15年以上)なら2~3倍もありえそうかも。
各自の投資判断にお任せしますね。

 

 

最後に最近私が口座開設した(正しくは口座開設中の)証券会社です。
ここに資金集中して、短期(半年)で2倍に増やそうかと目論んでいます。

DMM株は、現物取引も信用取引も業界最低水準の手数料でお取引いただけます。

【DMM株の特長】

▼手数料が業界最安値水準!
現物最低50円(税抜)〜、信用最低0円(税抜)〜!

▼口座開設費が0円
その他口座管理・維持費、入金手数料※、出金手数料も0円
※クイック入金をご利用いただいた場合

▼充実の取引ツール・アプリ
初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。

▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応

株をはじめるなら、DMM.com証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA