【有力テーマ!?】AI関連株、TOPIXをアウトパフュームする!藤井聡太七段もAIを駆使しているという事実

AI対戦で棋力向上

4日のヒューリック杯棋聖戦挑戦者決定戦を制した高校生棋士、藤井聡太七段(17)。その強さを支えるのは、将棋のコンピュータソフトだ。こうしたソフトはAI(人工知能)を駆使し、過去の将棋の棋譜を解析し、AI同士で対戦することで、さらに棋力が向上している、という。

参考 藤井聡太七段の強さ支えるAI【産経新聞】

深層学習の衝撃

人間の脳を模したニューラルネットワークを駆使したディープラーニング(深層学習)は、人間によるインプットなしにAI自らが学習し進化を遂げていく。これが飛躍的な生産性の向上を実現させる。 2016年、グーグルが開発した人工知能「アルファ碁」が、このディープラーニングを駆使して、囲碁の世界トップ棋士である韓国の李世ドル(イ・セドル)氏との5番勝負で4勝1敗と大きく勝ち越し、内容でも圧倒したことは世界に衝撃を与えた。

 

テーマ投資のポイント

国内におけるAI市場は、2022年度には3437億円に達すると予測されています(出典:民間調査会社)。さらに、別の民間調査会社の調べでも、2030年度には現在の約10倍の2兆1200億円の市場規模まで成長すると試算されています。

AI関連株

SBIネオモバイル証券なら1株から買えるよね。全部1株でも4万円あれば足りるし、気に入った銘柄だけ買うのもありだと思うよ。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

投資は自己責任で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA