【HowTo】ポイ活のはじめ方

まだ現金で決済(支払い)してるの?

利用するショップやサービスと貯まるポイントを確認する

断然お得なキャッシュレス決済とは

一般的なカード使用額は月平均5万円~10万円ということでした。人によってはもっと使っているよ、という方もいるかもしれません。仮に還元率が0.5%だっとして、現金決済と比べ1年間で6,000円も違います。仮に還元率が3%だったら、なんと1年で36,000円の差(機会損失)です。

ただし、単にクレジットカードやQRコードで決済すればいいというわけではありません。なぜなら決済する店舗によってポイントの還元率が高い決済方法が異なるからです。

例えば、楽天市場の買い物は楽天カードYahoo!ショッピングでの買い物はYahoo!Japanカードを使うと、ポイント還元率が他の決済方法よりも高くなります。

大切なのは、自分のライフスタイルの中でよく利用するお店を把握し、そのお店で買い物する際に一番還元率の高い決済方法を事前に調べておくことです。

また意外と見逃しがちなのが、同じキャッシュレス決済にも関わらず、使っているクレジットカードの種類・ブランド次第で還元率が大きく変わってくる点です。

今すぐお手元のクレジットカードを確認してみましょう。例えば大学生時代に何となく作ったカードとかありませんか?セ〇ンカードなんて還元率0.5%ですよ。

今の生活スタイルを変えることなく、いままで現金で支払っていたものを極力キャッシュレスへと移行していきましょう。

今後、楽天証券での投資を考えている方はこの機会にカードを作っておくことをオススメします。キリッ!
楽天カード

キャッシュレス決済の方法でNo.1は

クレジットカード決済がNo.1です。使える場所の多さ、補償面の安心感とセキュリティーの信頼性などのメリットがあげられます。デメリットは年会費が掛かったり、発行するのに審査があり手元に届くまでに時間がかかります。

電子マネーもQRコード決済もレジやATMでの現金チャージが可能ですが、クレジットカードと紐づけることで更に利便性がアップします。

クレジットカードのブランドやグレードについて理解する。

米国株投資をしている人にはお馴染みの国際ブランドに「ビザ(V)」と「マスターカード(MA)」があります。やっと投資ブログっぽくなってきましたが。。。他には国内ブランドのJCBなどの種類があります。

余談ですが、ディズニーリゾート「オリエンタルランド(4661)」では下記のブランドが使えます。家族(大人数)で行く場合は効果的にポイントが貯められる良い機会かと思われます。

あとはブランドによっても使えるお店が限られてくるので、最低でも2枚(例えばビザやマスターカード)あると便利です。ちなみに私の行きつけの美容室はJCBは使えませんでした。。。

グレードについてですが、一般カード以外にゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの計4種類のグレードがあります。グレードによっても、ポイントの還元率が異なってくるので、年会費や特典とのバランスを考えて選んでみましょう。

ポイントが貯まる・使えるショップやサービスを確認する

ポイントによって、貯まる・使えるショップやサービスが違ってきます。よく使うショップや使えるポイントの関連性をスマホのメモ帳機能やエクセルにまとめておくと、ポイントの選択と集中が出来て、より効果的にポイントを貯めることが出来るようになります。

またポイントの還元率をアップさせるためにも、例えばポイント3倍デーのような増量日を確認しておきましょう。

【ポイント投資】買い物に便利なカードとは

ポイントが貯まる・使えるショップ一覧

買い物:ファミリーマート、ローソン、セブンイレブン、ミスタードーナツ、コナカ
食事:すかいらーく系(ガスト、ジョナサンなど)、くら寿司、すき家、吉野家、ドトール
ドラッグストア:ウェルネス、ぱぱす、ココカラファイン
スポーツ:アルペン、スポーツデポ
家電:ジョーシン、ビックカメラ、ソフマップ
車:出光、コスモ石油
旅行:楽天トラベル、じゃらん

 

還元率が高い条件に合わせて決済する

Coming Soon(近日公開予定)

 

ポイントを投資可能なポイントに移行する

 Coming Soon(近日公開予定)


 

投資でポイントを貯める

マネックス証券
投資信託を保有している期間に応じてマネックスポイントが貯まります。マネックスポイントは他のポイント(Tポイントやdポイント)に交換することができます。またマネックスポイントは仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル)に交換することもできます。

【THEO(テオ)+ docomo】
運用期間中、dポイントがずっとたまります。運用額に応じて毎月ポイントを獲得、ドコモ回線なら、さらにおトクに。お預かり資産1万円につき、1ポイントを毎月獲得できます。ドコモ回線をご利用の方は通常の1.5倍のポイントを獲得できます。

ポイント投資でポイントを増やす

今まではポイントを賢く貯めて、賢く使う(消費する)のが主流でしたが、これからは貯めたポイントを賢く増やす(投資する)のがデファクトスタンダードです。

もちろん儲けが出たら現金化して引き出すことも出来ちゃいます。現金がなくても投資が出来るとあって、いま大注目のポイント投資。若い世代を中心に利用が増えています。

まだ投資してないの?

投資をする場合には元本を割り込む(損をする)ことがあります。無理をせずに小さく始めて、知識や経験を積んで、ゆっくりと大きくしていきましょう。

【HowTo】ポイント投資のはじめ方

 

ポイント投資を始める前に

ちなみにポイント投資を始めるには以下の証券(取引)会社に口座を作る必要があります。

Tポイント:【SBIネオモバイル証券】
楽天ポイント:楽天証券
LINEポイント:LINE証券
マネックスポイント:コインチェック

 

 

 

この記事が参考になったという方はクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

 

 

投資は自己責任で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA