【米国株】米国ETF徹底比較です!(株式編)

はじめに

本日はブログをご覧いただき、ありがとうございます。
皆さんのお役に立てると思い、頑張って記事を書きました。

良かったら、最後までご覧ください。
皆さんにとって何かしらの発見や驚きがあったら嬉しいです。

「いいね」ボタン、「フォロー」、「リツイート」、
「閉じる」ボタン、「ミュート」、「ブロック」。

すべて、皆さんの自由です。覚悟は、できています!
それでは、よろしくお願いします!

米国ETFの徹底比較

今回は米国ETFの徹底比較です!(株式編)
ETFは20世紀最大の発明とも呼ばれています!

米国のETFを制する者は世界の金融市場を制す!ってぐらいめちゃくちゃ重要です!
ちなみに今回は第1弾の株式編になります。人気があればシリーズ化するかも!

皆さんは、覚悟はできてますか?
それではどうぞ!

超大型株VS大型株VS中型株VS小型株

バンガード・米国メガキャップETF(MGC):100円
バンガード・米国ラージキャップETF(VV) :95円
バンガード・米国ミッドキャップETF(VO):70円
バンガード・米国スモールキャップETF(VB):60円

日本株は、小型株(JQやマザーズ銘柄)が強いイメージがありますが、米国株に限って言えば超大型株が強いことになります。投資の世界では結果(=事実)だけが全てです。

グロースVSバリュー

バンガード・米国グロースETF(VUG):100円
バンガード・米国バリューETF(VTV):75円

グロース株は金利の低下局面、バリュー株は金利の上昇局面で優位性があります。
どちらの投資手法にするかを決める時は、金利動向にも注目しておくようにしましょう。

メガキャップ

バンガード・米国メガキャップ・グロースETF(MGK):115円
バンガード・米国メガキャップ・バリューETF(MGV):78円

ミッドキャップ

バンガード・米国ミッドキャップ・グロースETF(VOT):80円
バンガード・米国ミッドキャップ・バリューETF(VTV):60円

スモールキャップ

バンガード・米国スモールキャップ・グロースETF(VBK):70円
バンガード・米国スモールキャップ・バリューETF(VBR):50円

ナスダック100 VS S&P500 VS 全米 VS NYダウ

NASDAQ100(QQQ):120円
S&P500(VOO):95円
全米(VTI):90円
NYダウ(DIA):89円

全米株式(VTI)がS&P500(VOO)に勝てないのは小型株が弱いからです。
NYダウ(DIA)がパフォーマンスで負けてるのはGAFAMの組入率が低いからです。

関連記事

【積立NISA】全世界株式(VT)と全米株式(VOO、VTI)どっちに投資する!?

おまけ資料

これを見れば、すごい気付きや発見があるんですけど。。。
ヒント1:最近、ハイテク強いですよね。
ヒント2:レバレッジETF人気ですよね。
私なら「何を買ってくる」と思う?

関連記事

【米国株】1000円から投資を始めてみませんか?

おわりに

今回は「100円投資をしたらいくら返ってくるか」をわかりやすく表記してみました。

ちなみに100円を投資をして100円が返ってきたら期待値は1です。
つまり期待値が1以下はギャンブルってことです。

私が「投資で負けたことがない」のは「ギャンブルをしない」からです。
良いリスクと悪いリスクの区別もつかないなら投資家なんてやめてしまえ!!
 

 

参考になった!どうしてもお礼がしたい!と言う方。
こちらをご覧ください!

日本最大の投資家向け専門店 トレーダーズショップ
最大45%オフ!『週刊ダイヤモンド』送料無料&発売日にお届け
【数字に強いビジネスパーソンになる】外資系投資銀行流のビジネス・シミュレーション術講座

無料登録ありがとうございます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA