【運用手法】ロング・ショート戦略

相対的に割安と思われる銘柄を買い建て(ロング・ポジション)、割高と思われる銘柄を売り建て(ショート・ポジション)するという2つのポジションを組み合わせる運用手法です。

買い建てだけの運用では、成績がベンチマーク(日経平均やTOPIXなど)を上回っていても、相場全体が下落した状況で運用成績をプラスとするのは難しいことです。
一方、ショート(売り建て)している場合、ショート・ポジションについては安く買い戻せる状況となるので、運用成績にプラスの貢献をしていることになります。

この買い(ロング)と売り(ショート)、2つのポジションを上手に組み合わせることで、市場全体の動きに関わらずに運用成績を向上させることを狙います。

上昇局面:ロング比率を高め、値上がりを追求する
下落局面:ショート比率を高め、下落を回避する

しかし、割高、割安の判断を見誤り、2つのポジションを上手に組み合わせられなければ(例えば、ロングした銘柄が値下がりし、ショートした銘柄が値上がりするなど)、損失が拡大すること(両方合わせて大きな損失となる可能性)もあります。

何が割高で何が割安か、見極める力が必要とされる手法といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA