【FX】マネスクでトラリピ始めました!

実は先週からマネースクエアで自動売買「トラリピ」を始めております!
というわけで今回もFXの自動売買についての記事になります。

私はマネー雑誌を定期購読しているのですが、
トラリピで「不労所得を得ています」という記事をよく見かけることがありました。

忙しい生活に負けない資産運用型FXということで、
マネースクウェアのトラリピの特徴について確認したいと思います。

 

 トラリピとは

トラリピは、投資家が時間をかけず、リスク管理を行いながら、
自動的にコツコツと利益確定を繰り返すことを目指す自動利益確定ツールです。

だから、一度に大きな利益をねらわなくても、少しずつ利益を積み重ねて
トータルで大きな利益を目指すことができるのです。

90秒でわかる「トラリピ」

トラリピって何だろう?と思われた方はこちらをご覧ください。


 

マネースクウェアの独自注文「トラリピ」

トラリピとは、3つのしくみをまとめた特許を取得している独自の注文です。
正しい名前はトラップリピートイフダン。愛称でトラリピと呼ばれています。


出典元:マネースクウェアジャパンのHPより

為替相場の上がる・下がるを的中させるのではなく、トラリピは「このくらいの範囲で
相場が動きそう」と予想するところにいくつもの罠(トラップ)を仕掛けていきます。

一度設定をしてしまえば、あとはリピート機能が自動で売買をくり返すので
わずらわしい再発注の手間がかからないといったメリットがあります。

 

仕掛け方によっては多額の資金が必要となったり、設定したレンジを外れた場合、
損失を被ることがあります。

 

MEMO
ストップロスとは、思惑と違う方向へ相場が動いてしまった場合に備えて
損失を限定するために行う注文です。

トラリピ始めました!

運用状況

20万円を口座に入金して、取引を開始しました。

(2018年8月24日現在)
確定済利益は+5,100円となっています。
運用利回りは+2.5%といったところです。

このまま取引を継続していきたいと思います。

運用方針

マネスクの口座では、カナダドル円(CADJPY)で取引をすることにしました。

ちなみにカナダドルは優等生通貨とも呼ばれており、
先進国(G7)の安定感資源国としての魅力を併せ持つ国、カナダの通貨です。

トラリピではカナダドル円のスプレッド(コスト)も低く、さらに期間限定で
手数料無料キャンペーンを実施しています。これも選んだ理由の1つです。

 

MEMO
独自のルールというか、わたしは維持率やロスカットの計算を簡単にするため、
基本的には1つの口座では1つの通貨ペアしか取引しない方針を取っています。

設定内容

私はカナダドル円で現在値から80円台にかけてトラリピをしかけました。

ぱっと見ですが、チャートでは高値圏が120円~100円の範囲、
安値圏が90円~70円の範囲となってます。

出典元:マネースクウェアジャパンのチャートより

この安値圏で仕掛けられれば、仮に今後カナダドル円が安値70円を下回ることになっても
損(痛手)は少ないかなと思った次第です。

 

MEMO
実際の詳しい設定内容については、リクエストがあれば

今後公開していきたいと思います(*^^*)

 

口座開設はこちら
マネースクエア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA