高金利通貨メキシコペソでスワップ投資

高金利通貨でスワップ投資

メキシコペソに注目

高金利通貨3兄弟(?)と言われているメキシコの通貨ペソですが、

スワップの源泉(元)となっている政策金利について調べてみました。

 

政策金利

出典元:外為どっとコム

 

スワップポイント

スワップポイントはFX会社毎に異なるのですが、

1日あたり15円(1万通貨)で試算してみたいと思います。

 

為替レート

メキシコペソ/円のレートは、約6円。

 

必要保証金(取引に必要なお金)

1万通貨を取引しようとした場合、必要な資金は2,400円です。

6円×10,000通貨×証拠金率4%(レバレッジ25倍)で試算。

 

いくらもらえるかシミュレーション

100,000円で取引を始めると年間いくらの収益になるか試算してみます。

 

取引数量(ポジション数量)

100,000円÷2400円(1万通貨あたり)=41.66万通貨

 

スワップ総額

15円×(41万通貨÷1万通貨)=615円(1日あたり)

15円×41× 30日=18,450円(1か月後)

15円×41×365日=224,475円(1年後)

 

年利

224,475円÷100,000円(投資元本)×100=+224.%(利回り)

 

メキシコペソの買い方

今回は高金利通貨「メキシコペソ」の購入ポイントと損切ポイントについて

考えてみたいと思います。

 

メキシコペソのチャート

出典元:FXプライムのチャートより

 

買いのポイント

ズバリ5.4円前後です。

 

根拠は月足チャートを参照ください。

過去(2012年)の安値(06/01):5.32円

直近(2018年)の安値(06/01):5.26円

 

直近の高値6.4円を超えてから買うのもアリですが、

そこまで待てない方は「低レバレッジ&打診買い」で参戦するスタンスで

 

損切り(売り)のポイント

こちらは4.8円前後です。

 

根拠は月足チャートを参照ください。

過去(2017年)の最安値(11/01):4.958円

 

ちなみに高金利通貨のランド円は過去に安値を更新した時は、

最安値を1円更新(安値から15%~20%下落)してました(汗)

 

取引例(シミュレーション)

資産10万円で始めるとしたらで試算してみます。

年利30%強

資産10万円でメキシコペソ円を5.4円で7万通貨を購入すると

年間3.7万円のスワップポイント(金利相当額)がもらえる計算です。

 

レバレッジは約2.5倍でそんなにハイレバレッジではないですね。

最悪の場合でも買値から1.2円下落(4.2円)までなら耐えられる計算です。

 

出口戦略

ズバリ8.4円前後です。

ちなみにチャート上では直近の高値は8.7円です。

 

(8.4円-5.4円)×7万通貨=+21万円(予想利益額)

10万円÷21万円=年利210%(予想利回り)

 

スワップを狙うべきか為替差益を取るか

こちらも簡単に試算できます。

 

為替差益>=スワップ(1年間でもらえるであろう)となればいいので

37,800円÷70,000通貨=0.54円(損益分岐点)

 

買値より+0.54円(5.94円)以上値上がりしたら売却OK

 

スワップ2年分であれば買値より+1.08円(6.48円)以上で売却、

スワップ3年分であれば買値より+1.62円(7.02円)以上で売却という計算です。

 

あくまで取引例(シミュレーション)ですので、参考程度でお願いします。

また投資は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA