ポイント投資のはじめかた

ポイント投資とは

一番のメリットは「始めやすさ!」

「ポイント投資」とは投資信託やそれに連動するコースを選ぶだけで

ポイントを運用できる新しいポイントの「使い道」の1つです。

 

買物などで還元された「おまけ」のポイントを投資に回すことが

出来れば、投資初心者の方でも「気軽」に投資体験ができます。

 

ポイント投資の「キホン」からお得なポイントの「貯め方」まで

いま大注目の「ポイント投資」を紹介したいと思います。

ポイント投資の運用タイプについて

大きく2つのタイプに分けられる!

1つは、ポイントのまま運用する「ポイント運用型」。

運用中は、ポイントが増減し、決済後もポイントで戻ってくる。

2つめは、ポイントを現金化して運用する「現金運用型」。

運用中は現金が増減し、決済すると現金が受け取れる。

 

運用タイプによって受取る形が「現金」か「ポイント」と

違ってくるので、サービスを選ぶ際は重要です。

ポイント投資のチェック項目について

「コスト」や「取り扱い商品」にも注目!

ポイント運用型:口座開設は不要でコストがかからない。

投資対象は投信や株式ではなく、金融商品の価格に連動して

ポイントが増減する「運用コース」

 

現金運用型:新たに口座開設が必要で、通常の投資信託を

買う時と同じようにコストがかかる。

 

運用タイプによって選べる商品は様々なので取引したい商品が

扱っているかどうかもポイントです。

 

ポイント投資の魅力を紹介

ⅾポイント

ポイント運用型:商品数は「投信型」が2本。

100P(1万円)から手軽に運用できる。現金併用不可。

dポイントの貯め方

街中のお店(マクドナルドやローソン等)でも貯められますが、

旅行などの金額が大きい買い物で貯めるのも効果的です。

ドコモ公式│宿泊予約は「dトラベル」

永久不滅ポイント

ポイント運用型:ポイント積立可能。「投信型」と「ETF型」の2つ

100P(10万円)から運用できる。現金併用不可。

楽天スーパーポイント

現金運用型:商品数は「投信型」が約2,600本。

100P(1万円)から手軽に運用できる。現金併用可。

インヴァストカードポイント

現金運用型:ポイント積立可能。商品数「ETF型」が約8本。

800P(8万円)から運用できる。現金併用可。

https://toushi-ka.com/?p=364

「投信型」や「ETF型」といった商品選びだけでなく、

将来的に本格投資を考えているなら「現金併用」できるかどうかも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA